忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中高一貫校の分類

中高一貫校といっても、文部科学省の平成20年度の統計によると370校も存在し、その実情は各学校各々個別の状況があることは容易に想像できます。それらを一旦4つに分類し、解説してみましょう。






A:都内私立型

代表校
麻布・開成・芝・桜蔭・駒場東邦・豊島ヶ岡・慶應普通部→慶應高校etc・早稲田 などなど
特徴
中高6カ年の中で学習プログラムが組まれているため、大学入試に向けて非常に効率よく学習を進めることができる点は全くその通りです。しかし一方で、麻布中高や桜蔭中高のように「進学予備校に現役時から通うこと」が(ほぼ)前提となったプログラムが組まれている場合もあります。東京都内からの東大進学については、鉄緑会や各種予備校などでの補修が大きなウエイトを占めているという状況もあるからです。そういった補修を受けずとも東大・早慶に進学する生徒ももちろんいますので一概には言えませんが、こうした学校に進学する場合はそれら補修のための費用も或る程度覚悟した方がいいでしょう。
また、学費が高額な学校が多いという点にも注意が必要です。

B:地方私立型

代表校
ラ・サール(鹿児島)・灘(兵庫)・愛光(愛媛)・滝(愛知) などなど
特徴
有名校であれば、中高6カ年プログラムについては全く問題なく実施されていると思われます。また地理的に周辺に予備校が存在しない場合もありますので、学校でのプログラムで完結した進学指導が実施されている学校もまだ多いようです。ただし、私立進学校が多数存在する都内に比べ、そういった学校の比率の低い地方においては生徒が「特別扱い」や「ガラパゴス化(笑)」されるという話も聞きます。
学費自体はそれほど高額ではありませんが、その学校の周辺地域以外から進学となると、かなりの生活費(寮費など)を覚悟しなくてはなりません。なによりも中高6年間を親元から離れて暮らさせるのは大きな覚悟が必要でしょう。私の指導した生徒でこうした学校に進学した方もいらっしゃいますが、その場合は片親が学校近くに引っ越して、自宅通学させるという形でした(お母様単身赴任!)。うらやましいかぎりです。

C:都内公立型

代表校
筑波大学付属駒場(筑駒)・筑波大学付属・学芸大学付属
特徴
何よりも、高い進学実績の割に学費が通常の公立中高とそれほど変わらない(やはり少し高くなりますが)という点が大きなメリットです。鉄緑会や予備校に通う生徒も多いですが、そもそもの学費の低さがそういった出費を補てんしてあまりあるのではないでしょうか。
一方で、こうした学校は国公立大学の付属という立場上、進学のためとはいえないような学習プログラムが実施されていることも事実です。また、一部の学校では生徒管理がなされず(リベラル過ぎ)、いろいろな問題を抱える生徒もいるようです。
こうした学校は入試において、実力試験だけでなく抽選の要素も関わってきますから、専願ではなく他の私立中高一貫校を併願するのが一般的です。

D:地方公立型

代表校を挙げることはできません。
教育改革の一環で、2000年代後半からかなりの数の公立中高一貫校が設立(改組)されました。さいたま市立浦和などは地理的には都内公立型とも呼べそうですが、設立が2007年ですのでこういった分類に当てはまります。
はっきり申し上げて、塾業界的にはこうした学校は未知数です。なにより、まだ中高一貫化された後の進学実績もはっきりしていないからです。
進学にその後の学歴構築のための蓋然性の高さを求めるのでしたら、こうした学校は早い段階で進学先候補としては脱落でしょう。これからの進学実績は注目すべきです。

おおざっぱにこのような分類をしましたが、近年の中学入試においてはこれに加え、「有名私立大学の併設(付属)校であるか否か」が、志望動機の大きなファクターとなっています。それについては稿を改めたいと思います。


インターネット学習!秀英BBS



PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[12/22 NONAME]

プロフィール

HN:
kid
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/01/06
職業:
塾講師
趣味:
登山
自己紹介:
都内某大手塾にて算数を教えるしがない塾教師。
いちおう有名(?)私立一貫校卒業後国立大学に進学⇒その後迷走人生

ブログ内検索

Powered by NINJA TOOLS