忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

塾講師の給与

こんばんは、kidです。
今回は塾講師の給与についてお話ししたいと思います。

「塾講師=そこそこ高学歴」

という想像をされる方は多いように思いますが、一方で

「塾講師=そこそこ高収入」

という想像をされる方は少ないのではないでしょうか?私もこの業界に入るまでは、塾講師に対してそうしたイメージを抱いていました。
そもそも「そこそこ高学歴」なのに「そこそこ高収入」じゃないとしたら、すなわち業界構造としていびつですから、これほどまでにビジネスモデルが確立することはあり得なかったのではないでしょうか。

端的に述べると、塾講師は高学歴ではありませんし、高収入でもありません。「勉強を教えている」というイメージが独り歩きして「高学歴」のレッテルが貼られ、「子ども相手の楽そうな仕事だ」というイメージによって「高収入ではない」というレッテルが貼られるのでしょう。

以前も少しお話ししましたが、基本的に塾の“講師”には3種類の人間が存在します。

①社員講師(新卒採用)
塾業界の勝ち組です。新卒一括採用の中で、「年功序列」「残業代」などの会社的恩恵を存分に享受する存在です。この方々は基本的に高学歴ではありませんが、22,3歳という時期から塾業界にいますので、意欲に燃えており、そして現在の社会的地位を守ろうと頑張っています。年収は300万くらいから始まりますが、年月を経るにつれ高級取りになっていきます。残業代ゲットのため、休日出勤もいとわないエリート社員たちです。
都下の平均年収はおそらく500万~600万くらいでしょうか。教室長や教科責任者などの管理職に昇進すれば1000万円も夢ではありません。

②社員講師(中途採用)
事実塾業界を支えている、夢破れた人々です。うちも含め、大手塾ではこうした人々は「年俸制」となっている場合が多いようです。年俸制というと実力主義的な雰囲気を感じますが、実際は残業代を支払わない口実です。とはいっても、いろいろなしがらみから休日出勤、深夜残業などは日常茶飯事です。年俸は400万円前後から始まるようですが(じゃないと生活できない!)、昇給するか否かはその時の塾の経営状況に左右されます。
また、比較的容易にリストラが行われます。場合によっては契約社員などの形態である場合もあるからです。

③アルバイト講師(学生など)
中途採用の社員講師と双璧をなす、塾業界のソルジャーです。基本的に高学歴ですので4年~6年で去っていきますが、その後は学歴に見合った大企業に新卒として入ることになります(まぁ残念なことに社員として塾業界に残る負け組もいますが)。
個人塾と大手塾で時給の差が激しいようですが、一般的に時給2200円くらいが平均みたいですね。1日4時間授業するとすると、おそらく1カ月で7,8万円稼ぐのではないでしょうか。無論生活は別のところで保障されていますから、これは彼らの遊行費に消えるのでしょう。
時給制ですので、残業代もきっちりつくんです。

このような構造を通して、塾業界の実態を想像して頂けるでしょうか。大手メーカーなどで経費削減のために進む「フレックス制」や「年俸制」といった残業代カットの手法に真っ先に飛びついたのは塾業界だったのかもしれません。
この給与を高いと感じる方も存在するのは十分に承知です。近年ワーキングプアなどと呼ばれる人々に比べれば、私の1日などは甘いものでしょう。しかし、この新卒社員優遇と中途社員別紙の体質は改めていってほしいものです。

ランキング参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/22 NONAME]

プロフィール

HN:
kid
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/01/06
職業:
塾講師
趣味:
登山
自己紹介:
都内某大手塾にて算数を教えるしがない塾教師。
いちおう有名(?)私立一貫校卒業後国立大学に進学⇒その後迷走人生

ブログ内検索

Powered by NINJA TOOLS