忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青雲中学校・高等学校

青雲中学校・高等学校

データ
学校区分:私立・共学校
中高一貫:併設(高校からの入学有)
所在地:長崎県西彼杵郡時津町左底245-2
設立:1975年
学年生徒数:中学男子120人女子30人、高校男女各50名(合計250名)
寮の有無:有(男子のみ)
公式サイト:青雲学園



第二回は長崎県が誇る私立進学校、青雲中学校・高等学校です。

大学合格実績
2000年前後に同じく九州の久留米大学附設高校にほぼ並ぶ東大合格者数を出した中高一貫校です。しかし近年の私立一貫校の不振と重なり、最近は20名程度が東大に合格するようです。九州のラ・サール、久留米附設や、首都圏御三家や関西圏の名門校には見劣りしますが、首都圏中堅校などよりは健闘していますね。
ここ数年の東大合格者数を見て見ますと、

06‵ 21(5)
07‵ 20(3)
08‵ 21(5)
09‵ 22(2)      ※()内は浪人

となっています。この状況から考えると、「浪人してまで東大に行きたい」というような生徒は少ないように思えますね。一方で早慶などには一定数の現役合格者数を出していますから、典型的な上位層のパターンとして

「東大ボーダー圏(早慶はほぼ余裕)」
    ↓
「東大不合格」
    ↓
「そのまま早慶に進学」

という形が考えられます。これは「早慶なら御の字」という地方の感覚を色濃く反映しているものでしょう。また地方進学校の典型として中央大学への合格者数が異常に高いですね。これについてはまた別に書きます。
私も首都圏在住ですので、首都圏を中心に申し上げますが、首都圏からわざわざ受験する価値は低いと言えます。首都圏からの在校生数はおおむね1%強ですから、寮生活でご子息に寂しい思いを無理にさせる価値はあまりないでしょうね(特殊な状況を除く。後述)。
2010年に開校した早稲田佐賀中学校・高等学校との地理的関係、進学状況的な関係を考えますと、これからより厳しい状況に晒される学校だと考えられます。

校風
※注意※
この欄の記述に関しては多分に私自身の個人的経験を通した印象が含まれます。内容についての正確性は保証しません。

かなりストイックな学校みたいですね。全個室の高校寮“和敬寮”の名前からしてちょっとそっち系の雰囲気がします。詳細についてはサイトをご覧いただきたいのですが、一日のスケジュールを見てもかなり禁欲的な感じを受けます。締め付けが強いのかな?
前述した特殊な状況と言うのはこれを指します。こうした学校で生活すれば、都会生活で緩んだ感覚というものはかなり矯正されます。朝6:40起床というのはさすがに完全に実行されているわけではないでしょうが(点呼のみで二度寝可能など)、少なくとも時間とルールを守った集団生活を営めます。
まぁどうせこうした規律正しい生活も大学進学の瞬間にほころび始めるのですが。

私の大学の同級生、後輩に同校出身の方がいますが、正直特別な印象は受けませんでした。無論そっち系に染まるということもなかったようです。ただ、言葉遣いや態度などは首都圏でぬくぬくしていた方のそれとは大きく異なりました。
ただし、かといって独特な方はいません。普通に勉強して、普通に東大に来た、という感じです。大志を抱いてほしいものですがね(笑)。

ちなみに捕捉しますと、寮生活を送るのは基本的に男子生徒のみです(一部男子にも下宿通学生あり)。女子生徒に関しては、中学は自宅通学のみ、高校からは女子生徒専用の下宿を利用する方も多いようです。また、まちがっても全寮制ではありません。首都圏の方はかなり勘違いしていますが、こうした地方私立一貫校で全寮制の学校はほとんどありません。あるとすれば特殊学校と混同しないように(出身者からはかなり嫌がられます。経験あり)。

ランキング参加しています。
人気ブログランキングへ




PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/22 NONAME]

プロフィール

HN:
kid
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/01/06
職業:
塾講師
趣味:
登山
自己紹介:
都内某大手塾にて算数を教えるしがない塾教師。
いちおう有名(?)私立一貫校卒業後国立大学に進学⇒その後迷走人生

ブログ内検索

Powered by NINJA TOOLS